JUGEMテーマ:アンチエイジング・予防医療



みなさん、サーチュイン遺伝子って聞いたことありますかリボン

きっと、ご存知の方もたくさんいらっしゃるかと思います。が、

簡単にいうと、若返り遺伝子です。この若返り遺伝子にスイッチが入れば、細胞の活性化=若返り効果が全身に行きわたります。

これは、実際に実行していくうちに自分の体で実感していきます。確実に!40代以上の方に推奨します。




  • 若返りたい

  • すっきり目覚めたい

  • 浮腫みを感じなくしたい

  • 減量したい

  • しみやしわなどを防ぐ。

  • 認知症を予防する。

  • 脂肪を燃焼させる。

  • 細胞の修復をする。

  • 遺伝子の外敵である活性酸素を除去する。

  • 難聴を予防する。

  • 動脈硬化を予防する。

  • その他100種類にも及ぶ老化要因を抑制する。



寿命を延ばすだけでなく、上記のように美容や病気の予防にも働く幅広い活躍を見せるのが、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)なのです。



では、このサーチュイン遺伝子はどのようにすれば、スイッチが入るのでしょうかチャペル

それは、とても簡単な事でして、お腹を空かせておけば、勝手にサーチュイン遺伝子にスイッチが入り細胞が活性されていきます。

現代社会はお腹が空いた状態を放っておく時代ではありません。
逆に朝起きてお腹が空いていないのにも関わらず、朝食をとり、お昼になったからといってランチにし、夜ご飯もしっかり食べ、夜中も夜食を食べ、常に飽和状態で胃も腸も休む暇がありません??



巷で話題の週末だけ断食ダイエット?
この方法も胃や腸を休ませて体内バランスを保つためには最も効果的です。出来る方は推奨しますが、強い意志のある傾きですね。飽和状態になれた体にはイキナリ週末2日間でも、何も食べない、という状況にはおそらく耐えられないでしょう。



私が実際に行っているやり方は、前日の夜に食べた時間から12〜14時間後に最初の食事をとる方法です。

そうしますと、自然に朝食は抜く形になりますね。

朝食断食です。誰でも、朝寝坊してランチまで何も食べずにいた経験ありますよね?あれです、あれ。



お腹がグーグーなってる時にサーチュイン遺伝子は活性されている証拠です。なり始めてから1時間後くらいに食事をとるようにしてみてください。慣れるまでは、習慣化された身体が嫌がりますが、慣れてくると意外に快感になりますよ(笑)



そして、身体が軽くなってくるので、自然と体重も減り、体重が減ってくると人間は、ヤル気になります?
モチベーションが上がりますからね。
痩せてキレイになってくると、周りの貴方を見る目も変わってくるでしょう??

体調も良くなるので、快便、肌ツヤも良くなります。浮腫みもなく、健康的な身体を手に入れることが出来るのです。

是非、お試し下さい?





関連する記事
コメント
コメントする